MENU

個人にお金を借りる場合、金利は109.5%が上限

お金を借りる時、借入れ先が貸金業者ならば上限金利が決まっています。サラ金・消費者金融で借入れをする場合、上限は20%となっています。こちらのページでは、サラ金からお金を借りる時の金利と、個人間でお金の貸し借りをする時の金利について解説します。

 

貸金業者からの個人向けの借入れは、利息制限法で上限金利が定められています。金利は以下のように3段階の設定となっています。

 

  • 借入限度額が10万円未満の場合:年率20%まで
  • 借入限度額が10万円以上、100万円未満の場合:年率18%まで
  • 借入限度額が100万円以上の場合:年率15%まで

 

このように金利は借入限度額によって決まります。どれだけ低金利で借りられるかは、どれだけ高額の借入限度額を設定して貰えるかによります。

 

大手のTVCMでも宣伝をしているサラ金(消費者金融)サービスは多くの人が知っていると思います。合法的なサラ金の金利を守っているサービスからの借入れは安心と言えるでしょう。金融機関から借入れをする時、20%を超える金利は違法となります。このような金利で融資をしている金融サービスには注意が必要になります。

 

 

個人にお金を借りる時の上限金利

個人的にお金を借りる金利

貸金業者にお金を借りる時、上記のような金利が決められていますが、個人にお金を借りる場合の金利はどうでしょうか。個人にお金を借りる場合でも金利を支払うケースもあるようです。そしてその時には貸金業者同様に金利の上限も決められているようです。

 

〈個人から借入れをする場合、出資法の上限金利が基準〉

個人から借入れをする場合には、利息制限法より上限金利の高い出資法を適用できます。貸金業者から借入れをする時、以前は10万円未満の借入れで29.2%という出資法での上限金利を適用していた貸金業者は多かったようです。

 

借入れをする人は利息制限法の20%以上の金利を支払う義務が無かった為、この金利の開きを「グレーゾーン金利」と言っていました。グレーゾーン金利がかつて貸金業者で発生していた理由は、利息制限法には罰則がなく、出資法には行政処分という罰則があったからです。

 

グレーゾーン金利は貸金業者からの借入れでは廃止されましたが、個人間の借入れについては金利の高い出資法を適用する事が多いです。
出資法の上限金利は「109.5%」です。

 

 

個人から100万円借りる場合の金利は?

個人から借りる場合、109.5%までの金利を覚悟する必要があります。もちろん借入れの時の話し合いにより、それよりも低い金利になる事は可能でしょう。

 

100万円を借入れた場合は、1年間で利息が109万5千円となります。返済をする時には209万5千円が必要になります。つまり元金100万円に対して、2倍以上の金額に膨れ上がることになるのです。法律で認められている上限金利とは言え、かなりきつい金利と言えますね。

 

個人から高額を借りる場合、書面で借入れについての約束ごとを残しておく必要があります。後でトラブルとなり、人間関係を損なうことの無いように気を付けたいものです。筆者の経験と見解では、個人にお金を借りるよりも、大手のサラ金や銀行などから借入をしたほうが、金利もしっかりと決まっているので安心できる気がします。