MENU

グレーゾーン金利とはどんな金利?

金利というと、一時期は「グレーゾーン金利」という言葉を、テレビなどで良く聞きましたよね。現在は余り聞かれなくなってきた言葉ですが、その代わりに「過払い金返還請求」という言葉をテレビCMで頻繁に耳にされていることと思います。実はこの2つの言葉は関連性が非常に高いのです。「そんなこと知ってるよ!」という場合は聞き流し、「そうなの?」という場合には参考にしてみてくださいね。

 

グレーゾーン金利とは?

貸金業に関連の深い法律は2つあります。「利息制限法」と「出資法」です。更に貸金業法という法律もありますが、今回は金利の話題であるためこの2つに限定して話して行きます。

 

〈利息制限法の上限金利は最高でも20%〉

利息制限法、出資法(参考:出資の受け入れ、預り金及び金利の取り締まり)は共に上限金利が設定されています。利息制限法の上限金利は利用額ごとに違っています。10万円未満の場合は20%、10万円以上100万円未満では18%、100万円以上では15%となっています。

 

また出資法では最高金利が29.2%と定められていました。今では出資法も上限は20%になっている為、問題はありません。それでも当時はこの2つの上限金利には差があったため、それが「グレーゾーン金利」となっていたのでした。

 

更に出資法では罰則が設けられ、行政処分などの厳しい処罰がありました。一方、利息制限法には罰則がありませんでした。大手消費者金融を含めた貸金業者は、殆どが利息制限法の上限金利を無視し、出資法の上限金利で融資を行っていました。

 

それに対して利用者では、金利を支払う必要があるのは利息制限法の上限までとなっていました。したがって、出資法の上限金利29.2%を支払っていた人は、払う必要のない利息=過払金が発生していたのです。

 

過払金返還請求とは?

上記のように利息制限法と出資法の上限金利の差が、グレーゾーン金利となり過払金発生の原因となっていました。グレーゾーン金利が廃止となってからは、払い過ぎた利息=過払金の返還請求ができるようになりました。

 

過払金返還請求の手続き

請求の手続きは、10年間という時効があることで急ぐ必要もあります。既に完済をしている場合でも過払金返還請求は可能です。

 

その方法は金融会社で取引明細を取り寄せ、利息の引き直しを行います。本来は個人でもできることのようですが、弁護士や司法書士などの専門家に一任する方が安心で確実であるようです。

 

現在闇金以外では、利息制限法の上限を超えた金利で融資をしている会社は無いかもしれませんが、一般的には5年以上返済をしていた場合過払金が発生している可能性があると言われています。サラ金や消費者金融、銀行などで借入をした方の一部には当てはまるケースもあるようです。該当する返済をしている、返済をしていた場合は弁護士などに相談をしてみると良いかもしれません。

 

サラ金 金利